古賀誠「靖国神社を無宗教化」に谷垣同意 …一体、どこの国の政治家だ?

このニュースは非道すぎる。あまりに、非道すぎて思わず短文エントリを挙げてしまうくらいだ。

古賀氏「靖国神社を無宗教化」 谷垣氏も同意

2006/07/30 20:03

 日本遺族会会長を務める自民党の古賀誠元幹事長は30日、テレビ朝日の番組に出演し、靖国神社について「国民全体が尊崇の念を持てる施設として残すためには無宗教化があっていい」と述べ、「A級戦犯」の分祀(ぶんし)は教義上できないとする靖国神社から宗教法人格を外すことも念頭に、遺族会内で分祀論を活発化させる考えを改めて示した。

 古賀氏は「東京裁判を認めていないので、戦犯という言葉は使うべきではない」と述べた上で、「裁判以前に一国の指導者として(先の大戦に対する)結果責任は明らかにすべきだ」と指摘。靖国神社に兵役で召集された戦没者と当時の指導者が一緒に祭られていることに不快感を示した。

 また、自民党総裁選出馬を表明した谷垣禎一財務相も同日、都内で記者団に「靖国の方で宗教法人であることをやめたいとなれば選択肢だ」と述べ、古賀氏の考えに理解を示した。

かいつまんで書くと、日本遺族会会長の古賀氏は、靖国についてこう言い放ったそうだ。
「国民全体が尊敬の念を持てるために無宗教化」
「分祀ができないなら宗教法人格を外しても」


さらには、「戦争責任を明らかにすべき」と言い、戦争指導者と戦没兵が合祀されていることに不快感(!)を示したと言う。

一体この男は、どこの国の政治家なのだろうか。

日本には、死者に鞭打つような習慣はない。墓を掘り起こしてまで、前王朝の死を辱めたりはしない。
はっきり言おう。靖国神社に尊敬の念をもてないのは、このような売国奴を始めとする、洗脳教育を受けたエセ日本人だけである。

しかも、要求に従わないならば宗教法人格を外す、と来たもんだ。暴言に告ぐ暴言、挙句の果てには脅迫、恫喝。どこかの国のやり口に、非常に似ているとは思えまいか。

一体、どういう経緯でこんな男が“日本遺族会”の会長などを務めるに至ったのか、詳しい経緯をご存知の方がおいでならば、是非コメントやトラックバックで教えていただきたい、と切に願う。

また、こんな与太話に同調している谷垣氏の心根と程度もまた、推して知るべし、とだけ言っておこう。

(文・竹村 裕次)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

記者プロフィール

1975年 香川生まれ。
某大学経済学部卒。バックパッカーの日々を経て、現在はPR会社で日本を変える企画を練る日々。
思想は愛国保守。

【タイトル[こうもくてん]について】
広目天とは仏教四天王の1人で、古代インド神話では「千里眼を持つ者」。
広目天の如く、世界の出来事を漏らさずに見届け、この世の真実を書き留めるブログたらんことを理想としている。

竹村 裕次をフォローする