戦艦長門の旭日旗を1千万円でアメリカから買い戻した石坂浩二の大和魂

アメリカ

14年前の知る人ぞ知る逸話が番組上で初めて明かされた。骨董品・美術品鑑定の人気テレビ番組『お宝鑑定団』で、平成17年にアメリカから出品された『戦艦長門の日章旗』を、石坂浩二が自費で買い取って大和ミュージアム(広島・呉)に寄贈していたというのだ。

2019年4月30日放映『何でも鑑定団 お宝鑑定スペシャル』より

3年ぶりに番組出演の石坂浩二の「心に残る逸品」のコーナーにて。

石坂浩二「戦艦長門の日章旗。 (筆者注:正しくは旭日旗)
これは天皇陛下がいるようなときにだけ掲げられるという特別なものなんです。
大正二年頃に作られたものじゃないかと。
あとは中将旗とセンコウ旗って言うんですかね。(筆者注:正しくは少将旗と先任旗)」

石坂浩二「戦艦長門っていうのは、いろいろな逸話がありますけど、一つは、戦争が始まるときに『ニイタカヤマノボレ』という暗号を、日本が打ちましたよね。あれ戦艦長門からなんです。
山本五十六が乗ってて、その頃連合艦隊の旗艦でしたから。
そういう船の日章旗が向こうに…アメリカに渡ってて、アメリカの方が出品なさったんです。」

今田耕司「言うたら大事に保管されてたと。」

石坂浩二「そうなんですよ」

(戦艦長門の旗が登場したのは、平成17年9月のことでした。)

依頼人「これらは終戦直後に、戦艦長門に掲げられていた旗です。」

(これは、依頼人の父が、元海軍将校フリン大佐から、死の直前に託されたもの。


(実はこのフリン大佐こそ、終戦後、長門がアメリカ軍に接収された際、指揮を取っていた人物でした。

鑑定結果は、なんと1000万円。)

(そしてその後、石坂さんは自費でこの旗を買い戻し、翌平成18年9月、広島県呉市の大和ミュージアムに寄贈したのでした。)

今田耕司「買い戻されたんですか?」
石坂浩二「 そう。」
今田耕司「 これは日本にあるべきだと。」
石坂浩二「 うん。」

日本を想う石坂浩二の心の美しさ

感服した。芸能人とはいえ、財産があるとはいえ、1千万円。気軽にぽんと出せる金額でははない。それでも石坂浩二は、かつて日本のために戦った、栄えある帝国海軍の元・旗艦に掲げられていた大事な日章旗が、アメリカ人に「戦利品」として接収されていることを看過できなかったのだろう。そこで声を上げるでもなく寄付を募るでもなく、人知れずそっと買い戻して、大和ミュージアムに寄贈していた。誰にでもできることではない。

石坂浩二は、番組の後半はプロデューサーに敵視され、放送時には発言を全部カットするなどの執拗な嫌がらせを受けていた。しかし、真の文化人、顕彰されるべき人間性というのは、言葉がなくとも、こうして静かなる善行として示されるのだった。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 対象二年ではなく、大正二年に更正した方がいあですよ。

  2. 石坂浩二さん。人気仕事で有りながら「電力多様性」のCMを引き受け「原子力」まで踏み込んでらっしゃる。信念を貫く姿勢に拍手を送っています。

  3. 石坂浩二さんありがとうございます。
    また、出品された方ありがとうございます。ぜひ一度観に行きたいです。

  4. この出来事に魂が震える。アメリカにマテリアル国家として作られた戦後日本。その実態は経済だけが栄えた根っこのない、資源もない、国家感すら持ちえない植民地だ。今、中東がアメリカと対決するのはフリーダムよりデモクラシイより、自分達のディグニティ=中東の『国としての尊厳』を何よりも必要としているから。日本も愛國とは何かを、今一度考えるべき時がきている。

  5. 石坂浩二さん貴方は素晴らしいお方です
    有難う御座います!!

  6. ✖️対象二年頃
    ○大正二年頃

  7. まぁメディアの上層部は中国人とか朝鮮人だからな
    そんなこすりゃありもしない事言われたり、干されたりもするわな。
    そうやって日本国民への情報統制して良いように書き換えてるしw

    石坂浩二さんのした事はほんとにいい事だと思う。善意が滲み出てるよ。
    日本人は愛国心ってのを表立って出すことはそうそうないけどこうやって密かに示す人もいるんだなと再確認できた。

  8. すごい

  9. 日章旗ではなく旭日旗。日章旗はいわゆる日の丸のことです。

  10. テレビにはいろいろとご活躍のお人、初めて知りました。それも今まで表示する事なく黙っていたとは、日本人にもこういう方がおられたのか? 

    政治屋達にも爪の垢でも煎じて飲ませたら良いよ!
    特に、二階、枝野、山本、蓮ぼう、辻元清美だよ。それに、鳩山由紀夫、小沢一郎だね!

    共産党、社民党は古代博物館に陳列されているから、これを動かしたら、相当の年月を得ているので、ガラクタのように崩れるから宝物のようにホコリもしているが、時代を知るために、このまま飾っておこう。🥀🏵️😯

  11.  テレビ界ではこんな素晴らしい人が 降ろされる。これが日本の実情。
    クーデターでは まず放送局を押さえると言います。インターネットのおかげで 日本人もやっと気ずき始めてます。

  12. 素晴らしい
    石坂さんありがとうございます

  13. これ、大和ミュージアムで現物観覧しましたが、感動で涙が出そうになりました。

  14. 石坂さん ありがとうございました。日本のマスゴミに負けないで、頑張ってください。

  15. この話しは聞いていたが、番組制作が韓国系とか、ただただ石坂氏の愛国精神に頭が下がります。こんな日本人が増えてほしい。

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする
タイトルとURLをコピーしました