日本

日本は韓国を捨てる覚悟をせよ! 岩屋防衛相「韓国と良好な関係に戻したい」の愚…

岩屋防衛相が、韓国国防相との会談に意欲を燃やしています。韓国との会談の後は中国にまで出向く意向を見せています。 31日から、シンガポールで開かれるアジア安全保障会議(シャングリラ・ダイアローグ)で、日米韓や日米豪による防衛相会談を行...
アメリカ

かつて日本産OSが世界を席巻しようとした時、アメリカは今のファーウェイ同様これを潰そうとしたが…

トランプ大統領が動きました。以前より、米中の経済戦争、そして次世代通信規格(5G)を巡って、中国のファーウェイ(Huaway・華為)の排除をアメリカから同盟国に対して呼びかけていましたが、とうとう次の一手、さらなる実力行使に出ました。 ...
ロシア

維新の会を除名された丸山穂高参議、ロシアに謝罪の党幹部を批判「完全に意味不明な対応」「辞めるわけにはいかない」

維新の会所属の丸山穂高議員の北方領土をめぐる発言「取り戻すなら戦争しかないのでは」の騒動が尾を引いています。 すでに、維新はじめ立憲民主党など野党6党派が17日、議員辞職勧告決議案を衆院に共同提出し、維新の会の代表はロシア大使館に駆け込ん...
ロシア

憲法最大の欠陥とは? あろうことかロシアに謝罪しに行ってしまった維新の会の失態

先日、北方領土の島民との交流で「戦争しないと島は取り返せないのではないか?」と発言した丸山穂高議員が、 日本維新の会を除名されました。維新は除名だけでは飽き足らず、立憲民主党などの野党6党派と共同で、議員辞職勧告決議案が衆議院に提出されま...
日本

『空母いぶき』出演者の明暗… 「体制側の役やりたくないんで下痢役にした」で炎上の佐藤浩市、「大和魂や愛国心が湧き出る」で男を上げた市原隼人

今月公開予定の映画『空母いぶき』で、佐藤浩市に対する批判の声がやまない。 問題となった発言は、同作品の漫画原作掲載誌『ビッグコミック』に載ったインタビュー。 佐藤は自身の総理大臣役について「最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆ...
時事直言

子殺しの罪を厳罰化せよ! 身の毛もよだつ虐待死の栗原勇一郎に極刑を望む声

千葉県野田市立小4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)が1月に自宅浴室で実の親に殺害された虐待暴行歯事件で、父・勇一郎被告(41)の暴行を制止しなかったとして傷害幇助罪に問われた母・なぎさ被告(32)の初公判が開かれた。大勢の人が詰めか...
アメリカ

トランプ靖国参拝!中韓真っ青! の実現可能性を探る

夕刊フジの一面にこんな字が踊った。「トランプ靖国参拝 可能性」実際にこんなことが実現したら、確かに中韓は真っ青になるだろう。はっきり言って痛快だ。一緒にくっついていけば、自動的に安倍首相の靖国参拝も再開できる。 そしてこれ、単なる夕刊紙の...
民主党

朝日新聞の読者ですら「民主党政権のイメージは?」と聞かれ7割が「悪い」と答える始末 一方小沢一郎は「もう一度信頼して」等と意味不明な供述を

朝日新聞といえば、日本を代表する低クオリティペーパーで、サンゴに落書きをしたり、慰安婦人狩りの虚報を世界に広めたりと、およそ日本に対してマイナスなことしかはたらかない左翼御用達新聞ですが、それでも反体制、サヨク思考を持っている人には未だに受...
皇室

立憲民主党が「安定的な皇位継承を考える会」開催も出席者たったの5人! しかし笑ってばかりもいられない皇統の危機的状況とは?

立憲民主党が15日、海江田万里会長の元、「 安定的な皇位継承を考える会 」と称す会を開いたのですが、さて蓋を開けてみれば……。 立憲民主党は15日、国会内で「安定的な皇位継承を考える会」(会長、海江田万里元経済産業相)の会合を開いた...
ロシア

北方領土について、日本人が最低限これだけは知っておきたい3つのこと

日本維新の会の丸山穂高衆院議員が、北方領土について「戦争でこの島を取り返すのは賛成か」等と発言したとして問題になり、党からの除名処分となった。問題の発言は、北方領土へのビザなし交流訪問団に同行していた11日夜、国後島の宿舎で酒に酔い、元島...