韓国政府高官が悲鳴「文在寅政権のままでは韓国が地球上から消える」

韓国

畏くも天皇陛下を「日王」と侮辱した上に謝罪要求発言、戦地娼婦(いわゆる慰安婦)問題合意の破棄、自称徴用工賠償判決と日本企業の資産差し押さえ、日本海における自衛隊機へのレーダー照射、日韓軍事情報協定「GSOMIA」の破棄、そして韓国国会議員の竹島上陸……韓国の文在寅(ぶんざいいん)政権による反日的な政策は、とどまるところを知らない。

こうした状況で、韓国国内にも、文政権の行き過ぎた反日・反米と北朝鮮への宥和政策に、危機感を持っている層がいるようだ。『文藝春秋』10月号に、韓国政府高官の告発手記が掲載されている。

韓国政府交換の悲鳴

「2020年春に行われる韓国国会の総選挙で、文政権を支える与党『共に民主党』『国民党』が勝利すれば、大韓民国という国は地球上から消える」

 対日外交の最前線で活躍してきた韓国政府高官X氏は、そう危機感をあらわにする。

日本と韓国は「対北朝鮮」のために、長年、協力関係を維持してきたが、先月GSOMIAの一方的は期が通告された。のみならず文政権は、「日本に対して、北朝鮮に関する一切の情報を提供してはならないとの命令を出している」という。親北朝鮮を標榜する文政権は、本気で北朝鮮との席可統一を目指しているのだ

「文大統領が考えていることは、選挙に勝って、憲法を改正することだ。『1期5年』の大統領任期を『2期10年』に変えようとしている。そして任期延長が実現すれば、北朝鮮との統一連邦国家へと具体的に政策を進めるだろう。連邦国家といえば聞こえがいいが、実質、北朝鮮と同化されてしまう」(X氏)

アメリカの北爆を期待する韓国保守派

こうした事態を回避、状況を打開するために、政府内の保守派たちが密かに期待するのは「北爆」、つまりアメリカ軍が北朝鮮を限定的に攻撃することだという。どこまでいっても事大主義、人任せな彼ららしい願望だが、果たして今のアメリカが韓国のためにアメリカ兵の血を流してくれるものだろうか?

小欄としては、日々新たな反日生産により、日本の大衆を韓国の異常性、戦後の日韓関係のいびつさに気づかせてくれる文大統領は、日本にとってまたとない名プレイヤーで、むしろ感謝しているくらいだ。

日本は核武装統一朝鮮の誕生という悪夢のシナリオに備えよ

しかし赤化統一に至るまで大統領でいてほしいとまでは思っていないが、最悪のシナリオとしては、「韓国」という国家が消滅して、統一朝鮮民主主義人民共和国ができる未来を想定し、備えておくべきだろう。

そのためには、一刻も早く北朝鮮の核兵器開発および保持を撤廃させる必要がある。日本海をへだてて目と鼻の先に、核兵器を持った反日国家ができるというのは、考えうる限りで最悪のシナリオである。同時に、日本の核武装についても現実的な選択肢として考える必要がある。保持しないまでも、少なくとも「日本はいつでもその準備ができている」という姿勢を対外的に明確にしておいたほうがいいだろう。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. マジか
    がんばれ文ちゃん

  2. どこが勝とうが遅かれ早かれって感じじゃん???

    ムンムンで消えとけば?

  3. 文大統領頑張って!この告発者も消されらのか…www

  4. ムンムンファイティン!

  5. 俺たちのムンちゃんもっともっと反日お願いします!

  6. 韓国人はキライだが、文大統領は応援してます。
    韓国を滅ぼし、韓国人を抹殺してくれる文大統領は、大好きです。
    これまでの所、文大統領の評価は100点満点です。

  7. 「感謝」を知らない民族は、いづれ滅びる。
    韓国は滅びの道を、ゆっくり進め。
    気が付いた頃にはもう遅い。
    いや、韓国人は馬鹿だから最後まで気づかないかw

  8. ムンムンは天才だ(政治、外交、経済、軍事)すべてうまくいってるぞ。
    この調子で突き進め、、、ゴールは目前だ。。。。。。。。

  9. てか今まで気づかなかったのか?って感じだわな

    セウォル号事件の学生もこんな感じだったんだろうな

  10. 事実として文在寅ぶんざいいんを応援している日本人は多いと思う

  11. 文大統領頑張れ!ここは一気に反対派を処刑して権力を握るべきだ。

  12. 日本のために反日頑張る文大統領を応援してます

  13. ムンに勝って欲しいなら応援したらダメだろ
    日本はムンムンの失脚を望みます
    とか言ってたら、あいつらアホだからムン支持にまわるぞ
    それが日本への嫌がらせになると思って

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする