韓国人記者による究極のヘイトスピーチ「日本が『普通国』になる権利を認めない。日本人には周辺国を侵略する邪悪な本能がある」

日本

日本が、「韓国なんていらない」というと、ヘイトと非難される。韓国が、「徴用工は強制連行の奴隷労働、慰安婦は人狩りで集められた性奴隷だった」と捏造史を元に日本を中傷しても、非難されない。日本人が街で「韓国、挑戦人は出て行け、国に帰れ」とデモをすると、ヘイトと非難される。韓国人が、京城のど真ん中で日本の国旗を引き裂いても、小学生まで動員して「日本人野郎はくたばれ」とデモをしても、一切おとがめなし。

韓国人は、「第二次世界大戦時に日本は韓国を植民支配して非道の限りを尽くしたから、償うべきだ、仕返しに何をしても良い」という悪い冗談のような価値観を根底に持っている。冒頭に上げたダブルスタンダードも、この価値観に従って、「韓国人の日本人蔑視=正義の声」「日本人の韓国への反論=ヘイト」として扱う二重基準なのだ。そして、新聞、テレビ、雑誌の主要メディアには、在日韓国人ら「韓国派」が根を張っているため、こうした日本人ヘイトが戦後70年、横行してきた。WGIPと韓国派の工作で「どうも日本は悪いことをしたらしい」と信じ込まされているお人好しの日本人による忖度と自主規制もそれに輪をかけてきた。

とある韓国ネットメディア「ゴンムワンU新聞 」に興味深いコラムが乗っていた。今週、最もアクセウ数の多い記事だ。本文は非常に長いが、どうせ大したことは書いていないので、合わせてざっくりと三行に要約したものを掲載しよう。

・平和憲法を廃して軍隊を持つ「普通の国家」を目指すのは、周辺国を侵略しようとする日本人の邪悪な本能ゆえだ
・日本は正しい民衆闘争をしていない民族だが、韓国人は古来より闘争で「普通」の地位を勝ち取った
・第二次大戦の謝罪も反省もせず、へらへらと「普通になりたい」等と言って認められるわけがない

安倍晋三総理が今、命をかけているのが改憲だ。日本の現行憲法を平和憲法と呼ぶ。

第二次世界大戦で敗れた日本は既存の明治憲法を廃棄して今の平和憲法を作った。この憲法に「平和憲法」という名前がついた理由は憲法9条のためだ。

憲法9条には「日本は武力行使を永遠にあきらめ、陸海空軍およびそれ以外のいかなる戦力も保有しない」と明示されている。国家の交戦権も認めない。

しかし、これは日本人たちの本心ではない。世界大戦を起こした彼らの胸中にはいつも弱小国家を侵奪しようとする本能がうごめいていていた。アベが平和憲法を改正して軍隊を創設しようとする理由が正にこれだ。

問題は日本が2次世界大戦戦犯国家という国際社会の痛い視線が存在する事だ。日本はどうにかこれを巧妙に避けようと思った。

そこで登場したのが普通国家論だ。アベもこの普通国家論の哲学を基盤に憲法を変えようとしている。

普通国家論の目的は明確だ。国際社会で日本の正当性を知らせる時、「私たちが無理な要求をしているのではなく、ただ普通国家の地位を持ちたいだけ」と呼び掛けるためだ。

このフレームは邪悪だが賢い。普通という誰でも享受できる権利なのに、日本がそれを享受していないという国際社会の同情心を呼び起こせる。

普通は誰でも得られる権利ではない。しかし、日本の「普通国家論」は倫理的にも歴史的にも決して容認できない。

彼らはそれを「普通」と簡単に呼ぶが、その普通の権利は決して平凡に得られるわけではない。普通の権利を得るために闘争した経験がある民族はこの言葉の意味を分かる。

日本は闘争を知らない民族だ。日本は古代史以後、民衆の正しくなされた闘争がない様な民族だ。

そのため、彼らは「普通」の大切さを知らない。それに比べ、私たち民族は晋州民乱や東学革命など、中世の時から数多くの民衆闘争を経験した。

現代史でも4.19革命を始め2017年ロウソク革命まで限りない闘争を継続した。当然享受すべき普通の権利を得るために民衆が命をかけて戦ったのだ。

西欧社会も同じだ。ところが日本が今、普通国家になるという。

第二次世界大戦戦犯国家としてアジアの数多くの民衆の命を奪った彼らが「私たちは普通です」と、へらへら笑えばその普通の権利を与えなければならないのか?それは絶対できない。それは普通に対する深刻な冒とくだ。

日本が真に普通国家になりたいなら方法は一つだ。あなた方が殺した大切な朝鮮とアジアの民衆の魂の前に骨がしびれるほど反省をすることだ。

普通は、そのようにしても簡単に得られる権利ではない。ところが謝罪もちゃんとしない者たちが、どこで普通国家を云々し普通という重要な権利を丸呑みしようとするのか?断言するが、反省を知らない図々しい日本には、決して普通に言及する資格はない。

析沙戚 姶備 左搭厩亜研 据拝 切維戚 赤蟹? - 因巷据U重庚
1993鰍 雁獣 析沙 切肯雁 娃紫舌戚醸揮 神切人 戚帖稽(甞
Google 翻訳

要約していてクラクラしてきた。これまで、1965年の日韓協定に始まり、戦後日本は一貫して平和を希求し、韓国に対してもこの上なく誠実に向き合い、謝罪も金も技術供与も惜しまず垂れ流してきた。それでも、一般的に韓国人から見ると「謝罪も反省もちゃんとしない戦犯国家で図々しい日本には、普通の国などと言及する資格すらない」ということになるのだ。なんという究極のヘイトスピーチ。日本は何をしても許されず、普通の国としては扱われず、未来永劫謝罪し続けなければならないと言っているのだ。こんなことを要求してくる国と、一体どんな友好関係が築けるというのだろうか?

日本は十分に謝罪してきた。韓国はそれを毎回受け入れてきた。そもそも、日本は韓国に対し謝罪しなければならないような行為はしていないにもかかわらず、だ。過去数十年、積もりに積もった鬱憤が、日本国民の間にマグマのようにくすぶっている。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 日本に否があるとすれば、朝鮮人をほとんど殺さなかったことかな。

  2. 何を言っている?大日本帝国併合下で、朝鮮人を倍に増やした罪は重いぞ!

  3. パヨクはこのヘイトスピーチを許すのか?

  4. 日本は過去に悪いことした罪人っていう贖罪意識がパヨクにあるから

  5. 悪意の先輩は言うことが違うね

  6. ロウソク革命も入ってるんだwwwwwwwwww

  7. 潔いほどの差別だなw

  8. >日本は闘争を知らない民族だ。
    >日本は古代史以後、民衆の正しくなされた闘争がない様な民族だ。

    これが論旨のポイントか
    話が通じないことだけはわかる

  9. 特亜3国(寄生虫国家)はまともな人間集団とはいえない。少なくとも相手を騙して利益を得る方が賢いという詐欺国家と言える。
    河野外相が米国、シンガポール、そしてタイと日韓関係を寄稿したとの事。サボリ官僚がやるべきことを大臣自ら実行。素晴らしいと思う。
    特に朝鮮半島人の思考回路はまともな日本人には理解不能である。彼らの行動は無視し、問題ある行動には逐一世界に英語で発信することが肝要だろう。
     霞ヶ関にまともな官庁は存在しない。選挙の洗礼を受けないそんな官僚を三権分立で裁判官を鼎立しているのは民主主義とはいえないだろう。少なくとも国会と政府は裁判官の上位にあるべきと思う。

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする