安倍首相、緊急事態宣言31日まで延長を表明 国民どこまで耐えられるか

安倍

政府は4日、新型武漢肺炎ウイルス感染症対策として宣言されている緊急事態宣言を、47都道府県を対象に、6日までの予定から今月31日まで延長することを決定した。安倍首相は記者会見で、宣言を継続せざるを得ないことについて「責任を痛感している」と陳謝しつつ、国民に理解と協力を呼び掛けた。政府は14日をめどに感染状況などの中間評価を行い、可能な県では期限前に宣言を解除する方針だ。

首相は13の「特定警戒都道府県」では外出自粛や休業要請の継続を求める考えを表明。それ以外の34県では「社会・経済活動維持との両立に配慮した取り組みに段階的に移行する」と述べ、休業要請の解除や緩和を検討するよう要請した。

宣言解除の目安や水準については、「1日の新規感染者が100人を下回る水準」が示された。また「5月は次なるステップに向けた準備期間」と位置づけ、専門家会議がまとめた「新しい生活様式」を指針に、「三つの密」の回避などに長期的に取り組むよう訴えた。

通勤しなくても、いわゆるテレワークで、自宅から通常通りの業務が行える職種の人はいいが、接客、対面が基本となっている職種に就く人は、これから困窮の度合いを増していくことだろう。

「自粛疲れ」煽るな

マスメディアが拾い上げる「市民の声」は、「自粛疲れ」など、不安や不満を煽る声が多いようだが、正直言って、自粛が継続されてホッとしている人も少なくないのではないだろうか。政府としてこうして宣言を出してくれれば、会社も自宅勤務の継続を支持せざるを得なくなるだろう(無論、業種は限られるが)。コロナウイルスと共に、日本人の不合理な働き方や生産性の低さを克服するきっかけとなるかもしれない。

首相は与党の検討を踏まえ、飲食店などの家賃負担軽減、雇用調整助成金の拡充、学生支援など追加的な経済対策を速やかに講じるとも強調している。これから、武漢肺炎ウイルスの感染動向、また世論の動向や内閣支持率がどう動いていくのか、注視していきたい。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!
クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 勝手に自粛解除する都市は第二弾の給付金の対象から除外してほしい。
    緊急事態延長するんだから当然第二弾の給付金を出さないと筋が通らないからな。

  2. まあ山梨の女性みたいな人がそこらにいっぱいいると思えば
    延長止む無しかもな

  3. ダラダラやって高くついたな
    今からでも完全鎖国2週間戒厳令とかのほうが安くすむんじゃねーの

  4. 通勤禁止にしないから5/6で抑えられなかったんだろ。
    入国禁止も遅かったしな。

  5. 通勤禁止にさえしていれば

  6. 越境パチンカスなんとかならんのか?
    せめて入り口で免許証提示で地元民以外入場禁止とかやればいい

  7. 欧米では日本の数十倍死んでるが、経済を回す決断をしつつある
    この違いは、のち年単位の経済停滞期間の違いになって全国民を苦しめるだろ
    もうこれ以上団塊・高齢者優先の施策はいらない 充分にやった

  8. そもそも1ヶ月延長と言いながら実際には3週間
    これが限界なんだろ
    解除しなきゃいけなくなるんだろうな嫌でも

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする
タイトルとURLをコピーしました