「アイム・ザパニーズ」覚醒剤所持の韓国人をカンボジアで逮捕 地元メディアは「日本人逮捕」と報道 その後の訂正記事

韓国
訂正記事

カンボジアの首都プノンペンで7月24日、「日本人デザインエンジニア、ハタムラ・ユウイチ」を名乗る男が覚醒剤所持で逮捕され、カンボジアでは「日本人 覚醒剤所持で逮捕」と報じられた。

しかし実際は、この男が実際は韓国人であることが明らかになった。

FNNが地元カンボジア警察に取材をしたところによると、男は24日夜、プノンペンの繁華街で不審な動きをしていたところ、地元の警察官に拘束され、警察署まで連行された。
そして所持品検査を行ったところ、覚せい剤の小袋2つが発見されたという。その後、男は取り調べの際に警察官に対し「私は日本人です。名前はハタムラ・ユウイチです。38歳です。」と名乗ったため、カンボジア警察はそれを信じ、翌25日にカンボジアメディアは警察情報をもとに「日本人逮捕」と一斉に報道した。

パスポートを見たら韓国人だった

しかし、日本大使館の担当者が直接面接したところ、日本語が全く分からないことが判明した。 容疑者のパスポートを確認すると、表紙には「大韓民国」という文字が書かれており、名前は「KANG JU SUNG」。パスポートの顔写真は明らかに逮捕された男のものだった。

その後、カンボジアメディアも、「逮捕された日本人…本当は韓国人(サウスコリアン)だった!」と訂正記事を出してはいる。しかし、一度「日本人だった」と報道された以上、訂正記事を出しても、第一報を信じ込んだままの人は多いだろうと予想される。

訂正記事

Arrested 'Japanese' Really South Korean!
Phnom Penh: A man was arrested for possession of a stimulant on July 24 in

韓国人の常套手段「悪事がバレたらザパニーズ」

日本の心ある人、情報に接している人の間では、「南鮮人は海外で悪事を働いたとき、日本人を詐称する」というのはよく知られた話である。しかし、まだまだ一般的には知られていない。ましてや、海外ではもっと知られていない。欧米でも、未だに「自称日本人」の朝鮮系売春婦が溢れかえっている。

日本は国際社会に向けて、「南鮮人は日本人を詐称して悪事をはたらくことがある」と注意喚起のアナウンスをしっかりと行なうべきだろう。それはやっかいな隣人を持ってしまった日本の責務であるとも言える。

表示できません - Yahoo!ニュース
(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. また韓国人か
    で、信じ切ってそのあとどうすんだカンボジアは

  2. カンボジアメディア、警察は訂正せーよ

  3. こういう事する奴等がいるから日本でも事件起こったときに韓国人の仕業だろとか言われるんだよな

  4. 韓国人って自分からボロを出しがちだけど
    なんかそう言う教育でも受けてるのか知らん

  5. そこら辺きちんとしとけよ韓国人は悪い事したら日本人のフリする教育受けてんだから軽くみちゃいかん

  6. うわぁ、これ日本政府訴えろよ
    韓国人は意図的にやってんだから

  7. まずパスポート確認しろよ

  8. 悪いことするときは日本人と言うんだよな
    小さな愛国心ですよ(笑)

  9. 個人でもこんなホラ吹きだらけなんだから、そりゃ国レべルでもホラ吹きになっちまうわなw

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする