韓国への輸出管理強化の本丸は中国、黒幕はアメリカである可能性が浮上

韓国

依然として日韓の間で大きな話題になっている、日本から南鮮への「輸出管理正常化」。その理由として日本政府は「不適切な事案があったため」の予防的処置であり、あくまでも南鮮が言うように、いわゆる自称徴用工問題に対する制裁ではない。

さてこの「不適切な事案」が何を意味するのかについて、南鮮から再三質問があったが、日本は「己の胸に手を置いて考えよ」との姿勢を崩さず、国内の管理規則に基づいて粛々と対処する方針だ。予想としては、北朝鮮やイランに対する大量破壊兵器の原材料としての密輸が問題視されているのではないか、と見られてきた。

しかし一部報道によれば、南鮮向けに輸出されたフッ化水素などが南鮮企業のチャイナ工場に再輸出されていたとみられ、これは不適切な運用といわざるをえない。そして、南鮮が「ホワイト国」から外れた場合、これは違法行為になる。

経済評論家・渡辺哲也氏によると、これは米国の国防権限法(2019)とECRA(米国輸出管理改革法)による世界的な輸出管理強化の流れに合わせたものであるというのだ。昨年、米国は新たな軍事的脅威に対峙(たいじ)するため、これまでの武器転用可能技術に加え、人工知能(AI)やハイテク、インフラ技術などを安全保障の対象とし、昨年10月から、輸出管理の段階的強化を開始した。

チャイナ・華為技術(ファーウェイ)への規制もこの輸出管理厳格化の一部であり、年内をめどに「中国製造2025」とほぼ重複する14分野にこれを拡大する予定である。あくまでも米国の輸出管理は米国技術が25%(テロリスト向けは10%)以上含まれるものだけに限られるが、米国は同盟国に対して、貿易協議などを通じ同調を求めており、当然、日本や日本企業もその対象になっている。

つまり、今回の南鮮への輸出管理強化は、米国が新たに始めようとしている新輸出管理と連動したものであり、日本が「事象徴用工」問題へのカウンターとして独自に実施したものではないのではないか、もっと言ってしまえば、アメリカの意向を組んで始めたものなのではないか、という見方もできる。アメリカは、チャイナへの依存度を高めるとともにチャイナへの技術移転を積極的に進める南鮮に対する不信感と危機意識を拭えない。いくら日米がチャイナに対する輸出管理を厳格化しても、南鮮を通じてそれが流出してしまえば意味がないからだ。

渡辺氏はこう指摘する。「現在、米中貿易戦争の激化を受けて、世界中の企業が国際的な供給網(グローバルサプライチェーン)の再構築を始めている。南鮮がホワイト国から外れた場合、このサプライチェーンから外れることは必須であり、いったん外れると、南鮮は数十年という時を失うことになるだろう。米国を選ぶのか、チャイナを選ぶのか。選ばなかったものの末路といってもよいのかもしれない。」

確かにこれまでの日本の南鮮に対する態度を思い起こすと、自発的にここまで方針転換をするのは難しかったかもしれない。アメリカに根回しをして始めた輸出管理というよりも、アメリカの意向を汲んで始めたものと考えると、得心が行く。しかしそれはある意味、どちらでも良い。大事なことは、南鮮にたいする輸出管理はきちっとして、それは決して逆行しないものであり、日本が南鮮を戦略的にも経済的にも、友好国とみなさなくなったという事実である。

韓国への輸出管理強化 高まる中国依存、技術移転の結果か(SankeiBiz) - Yahoo!ニュース
日本による韓国への「輸出管理強化」が大きな話題になっている。この輸出管理であるが - Yahoo!ニュース(SankeiBiz)
(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 中国も日本にすり寄ってる兆しが見えるんだが大丈夫?

  2. このままじゃ私(韓国)が中国のモノになっちゃうのよそれでもいいの取り戻すなら今よ

    • 黙れリスカブス

  3. 「選ばなかったものの末路」 これどういう意味?

  4. THAAD問題で中国切れさせたの知ってるでしょ?
    そのおかげで中国から人・モノが来なくなった
    輸出管理ができてなくて日本から信用失ったでしょ?
    自分が悪いのに逆ギレしてますます信用失って
    韓国のサプライチェーンが失われた
    あっちもこっちも中途半端で全部失われた(末路)ってこと

  5. 親: 中国
    兄: 北朝鮮
    弟: 韓国
    本来の形に戻りたいんだろ

  6. なんだ。
    中国に尻尾振って韓国が技術輸出してるから
    アメリカが怒って日本と一緒に韓国を規制し始めただけじゃん。

    これは韓国の自業自得だよなぁ……中国にもアメリカにもいい顔しようとして自滅しただけじゃん

  7. それがね、ASMLからも「サムスンが中国のFABに技術情報を漏らしている」という噂が出ています。
    ASMLはオランダの会社なので、これらが事実であればEUからも制裁措置。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-15/PPUAFG6KLVR401
    https://telektlist.com/samsung-asml-xtal/

  8. 韓国は要らない子でしょ
    日本はTPPに軸足を移すし、大陸から離れて海洋国家として生きる
    安全保障上も日本海のシーレーンが守れればいいので、韓国よりむしろ台湾が重要
    韓国は北朝鮮と統一核保有を目指して、なりふり構わなくなってるから、
    安全保障上も信頼できない

  9. 要は日本がアメリカにお伺いを立てたんじゃなくて
    アメリカが日本に指示してホワイト外すことになったんだな

  10. >このサプライチェーンから外れることは必須であり、いったん外れると、韓国は数十年という時を失うことになるだろう。

    今回の日本ホワイト国外しの影響はこれが核心だ
    既に各メーカーは、日本の後見を失った韓国からの供給を不安視し始め、サプライチェーンの組み換えを始めている

    もし仮に数十年後、韓国が独自技術で世界市場復帰を果たす日があったとしても、その時は既に技術的にもお話にならないレベルの格差になってしまっているだろう
    韓国は永遠に世界から見捨てられたんだよ

  11. 育ててやったのに役立たずな韓国を捨てて台湾を拾う方向性なのも韓国人以外は気付いてる

  12. ファーウェイもサムソンもタダで技術を使って儲けて来た様なもの。そりあ〜日米
    からすれば怒るのも当然なことだ。これから更に潰す手がドンドン繰り出されて行く
    だろう。供給網は中韓外しで構築されて行くだろうし、すでに始まっているのでは。
    単に経済の枠内にとどまらず安全保障に大きく関係して来ている時代だから日米も
    黙って見ている訳にはいかないだろう。

  13. 韓国はこの2年間で中国と北朝鮮に入れ込み過ぎた
    韓国が持つ技術と情報、資材や部品が両国に垂れ流し
    になっているとの疑惑を持って当然、しかもその疑念に
    答えようともしない
    西側諸国が韓国に最先端の製品を造らせては駄目だって
    結論になるのは当たり前だ
    手続きをすればフッ化水素の輸出がそのまま許可されるとは
    とても思えない
    すでに韓国を潰すって意思統一が出来てると思う

  14. 要は中国包囲網の一環として,すべてアメリカが日本に指示してやらせていることであり,真の黒幕はアメリカなのだということである。
    だとすれば韓国のホワイト国除外は必ず実行されるだろうし,アメリカが黒幕なのも折に触れて明らかになってくるであろう。

    この記事を韓国政府と国民が読んだらどう思うだろうか?アメリカがすでに味方ではないことは,韓国にとって最も見たくない現実だろうし,だからなおさら日本に対する風当たりが強くなるのだろう。

    日本としては・・輸出規制の措置を粛々と数か月から数年続けて,その間に時間をかけて半導体の主権を韓国からブルーチームに取り戻せばよい。韓国が経済的に焦土化するか否かは,それこそ韓国次第。左派の文在寅でなく右派が政権を担っていたらそんな風にはならないと思うが。

  15. 今後日本が重点的に投資するべき先はインド、ベトナム、台湾だな
    どこも将来に不安のある国々だが、中国ときちんと対立していくことが国の未来にとって
    プラスになることが明白な地域だから日本としっかり共闘出来る

    民主の頃の米国は酷いもんだったが、共和になれば信頼しうる米国にすぐ戻るのも米国らしいところ
    又いつ民主に戻るかは神のみぞ知るだが、対中政策を180度変えるほどのが大統領選で勝つほど
    米国ものんびりしている余裕はないはず

  16. 戦略物資管理に関する不適切な事例とは,これのことか。
    https://www.afpbb.com/articles/-/3200165
    日米ともこれについて確実な証拠を握ったが,今のところ伏せているのでは。
    決定的な切り札なので,発表されると本当に韓国が終了する。
    日米とも一番良いタイミングを図っているところなのだろう。
    反日運動のピークで発表するのが効果的だろう。

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする