精神疾患があれば無罪になってしまうのはおかしい! 京アニ放火犯、青葉真司に極刑を求める声

時事直言

戦後最大にして最悪の、大量殺人事件が発生してしまった。京都市伏見区の名門アニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオに男が侵入し、ガソリンを巻いて火を放った。建物の構造も災いして大火災となり、鉄筋コンクリート造りの3階建てスタジオはほぼ全焼。当時スタジオにいた従業員74人のうち33人の死亡が確認され、17人が重症を負い入院している。人的被害もさることながら、日本のアニメーション史に残る貴重な資料や、アニメーションの技法や未来を背負う人材が大量に失われてしまったことも、痛恨の極みである。

普段は有効にしている入り口のセキュリティを、その日はNHKのテレビ取材があったために切っていた。玄関のシャッターも開けていた。また取材のために普段より沢山の社員が出社していた。
数日前に、屋上から煙草の吸殻を捨てた不届き者がいたため、屋上への扉を施錠していた。
1階から3階まで、吹き抜け階段でつながる建物構造だった。
など、不幸な偶然がこれでもかというくらいに重なり、被害が甚大化してしまった。

(ちなみに、NHKの取材があるために玄関が開放されていたのに、NHKは批判を恐れてその事実を隠蔽して虚偽報道をしている。)

容疑者の青葉真司には前科があり、2012年には茨城県坂東市でコンビニ強盗により懲役3年6か月の実刑判決を受けている。また、青葉は生活保護を受けていて、精神的な疾患があるため訪問看護を受けることもあったという。

逮捕されたときにも、「(アイデアを)パクられた」などと叫んでおり、その動機も行動も完全に支離滅裂だ。これをもって、「精神鑑定で無罪になるのではないか」と不安の声が上がっている。日本の刑法では「心神喪失者の行為は、罰しない。(刑法第三十九条)」および「心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。(刑法第三十九条2)」と定められているからだ。

刑事責任能力は、
1.責任無能力(心神喪失)=無罪
2.部分責任能力(心神耗弱)=有罪だが減刑
3.完全責任能力=有罪
という3つに区別されている。

起訴前であれば検察官が、上記の1や2の判断のもとで、不起訴にすることがある。起訴されて裁判になったときには、精神鑑定が行われ、裁判官と裁判員が刑事責任能力について、上記の1~3のいずれであるかを決定することになる。

例えば、「思考能力がまったくない赤子が、ころんだ拍子に何かの機械のスイッチが入って…」などのケースを除いて、精神疾患などの心神喪失者の減刑などしなくていいのではないか。健常者だろうと、物狂いだろうと、罪は罪、殺人は殺人である。責任能力の有無によって罪の重さが変わるなら、それは物狂いに殺された人間の命が軽いということになってしまう。そんな馬鹿な話はない。

さすがに今回の事件は、犯人の言動におかしい部分があっても、ガソリンや凶器を準備する計画性、長年に渡って脅迫を繰り返してきた継続性などによって、心神喪失ということにはならないだろうから、無罪はありえないだろう。しかしもしかすると、無期懲役などの減刑はありうる。それでは遺族の感情も、犠牲者の魂も浮かばれない。青葉容疑者に対して極刑を望むとともに、刑法を見直す声を上げる契機となってほしい。

エラー|NHKオンライン

※注…文中、被疑者に対して「容疑者」との用語を使っている。日本のマスメディアでは、逮捕拘束された後で「容疑者」の用語を使うという定義を設けているが、当サイトでは一般的な単語として、犯罪の嫌疑のかけられた人物としてこの用語を使う。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. なんだ無罪か

  2. ただの人格障害を精神障害にされてもなあ、、、

  3. 東京から長距離移動して、ガソリンや凶器まで準備して明らかに殺意を持っての犯行だもんな。

    これで責任能力無いとかほざく弁護士居たら、そいつの精神鑑定が必要だろw

  4. 周到な準備しているから、責任能力有りで死刑になるのは100%
    弁護士は立場上、責任能力の有無で争うしか無いのかなとは思っているけど、
    弁護士の本当の気持ちは分からない。

  5. 立場上ってなんなんだろうな
    社会に対して正々堂々と表明出来る弁護なのかね
    制度を利用(悪用?)して犯罪者に正当な刑罰が課せられることを妨害する行為は、生産的な活動と言えるのだろうかね

  6. 弁護士さんの本音のコメントを聴きたいものですわ
    俺だったら、なんでクソ安い国選弁護人の報酬でこんなゴミの弁護せなあかんねんと思うわ

  7. 責任能力って何なんだろうな…人を殺せばもれなく殺人犯だろうに

  8. 精神疾患系の野放しいい加減にやめようぜ
    しかも前科持ちだろ?
    アクティブな糖質は本当危険だし近所も怯えて暮らしてる

  9. 計画的過ぎて無理
    そもそも精神疾患が仮病の可能性が高い

  10. 放火殺人犯青葉真司が精神疾患があっても無罪はない、死刑になるのは確実だ。死刑は絞首刑ではなく北海道の釧路高原でヒグマ2匹に襲撃されて最期は噛み殺される刑罰(1970年7月に日高山脈で起きた福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件の再現ドラマ)にしないとダメ、警察と公安とハンターの監視下のもと、釧路湿原でヒグマに内臓と喉と肛門分を噛まれて殺されるという内容は放火殺人犯青葉真司の死刑に相応しい内容だ。ヒグマ2匹に噛み殺された結果、京アニ放火殺人犯青葉真司の遺体は着衣を剥ぎ取られ裸にベルトが巻かれた状態のうえ顔半分がない状態(上2/3がない)で腹部から腸を引きずり出され鼻と耳は引きちぎられ陰茎や睾丸などの男性器が無くなる(ヒグマに陰茎と睾丸はヒグマ2匹のエサとして食われた)という目を背けたくなるほどの惨たらしいものになり1970年7月に日高山脈でヒグマに噛み殺された福岡大学の大学生3人を思い出す惨たらしい遺体になる。
    1970年7月に日高山脈で起きた福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件の再現ドラマという形で京アニ放火殺人犯青葉真司を顔半分がない状態(上2/3がない、ヒグマのエサとして食われた)で腹部から腸を引きずり出され鼻と耳は引きちぎられ陰茎と睾丸などの男性器が無くなる惨たらしい遺体にするまで食いちぎって噛み殺した釧路湿原に住む2匹のヒグマは亡くなった35人のスタッフと遺族の仇敵を討った英雄になる。
    ヒグマ2匹に襲撃され噛み殺された結果、顔半分がない状態(上2/3がない、ヒグマのエサとして食われた)状態で腹部から腸を引きずり出され鼻と耳は引きちぎられ陰茎や睾丸などの男性器が無くなる惨たらしい遺体になった青葉真司の遺体は損傷が激しいため1970年7月に日高山脈でヒグマに噛み殺された福岡大学の大学生3人と同じく現地(1970年7月に日高山脈でヒグマに噛み殺された福岡大学の大学生3人は日高山脈にある八の沢カール、死刑判決を言い渡された後に釧路湿原でヒグマに噛み殺される死刑で死んだ京アニ放火殺人犯青葉真司は釧路湿原の道路脇)で警察関係者とハンターたちの手で荼毘を付けされる結果になる。顔半分がない状態(上2/3がない、ヒグマのエサとして食われた)状態で腹部から腸を引きずり出され鼻と耳は引きちぎられ陰茎や睾丸などの男性器が無くなった(陰茎と睾丸はヒグマ2匹のエサとして食われた)青葉真司の酷い遺体は生中継で公開すべき、荼毘を付けされるところも生中継しろよ。

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする