日本がとうとう韓国への制裁発動!友好国リストから韓国を外し輸出制限… 韓国経済大打撃か

日本

すでに産経などいくつかのメディアで事前に報道されていたが、とうとう日本が韓国への制裁発動に踏み切ろうとしている。

韓国を友好国リストから除外

韓国はこれまで、先端材料などの輸出について、輸出許可の申請が免除されている外為法の優遇制度「ホワイト国」に指定されていた。

このホワイト国は、事実上の「日本の友好国」リストで、安全保障上のパートナーである米国や英国など計27カ国あるが、ここから遂に韓国が除外される。

近年の反日妄動は既に常軌を逸しており、火器管制レーダー照射問題や自称徴用工訴訟などを見る限り、現状の韓国を「友好国」と見るのは無理があるだろう。

政府は、韓国外しの理由として、次のように説明している。

日韓間の信頼関係が著しく損なわれたと言わざるを得ない状況です。こうした中で、大韓民国との信頼関係の下に輸出管理に取り組むことが困難になっていることに加え、大韓民国に関連する輸出管理をめぐり不適切な事案が発生したこともあり

この「不適切な事案」が何を指すのかについては様々な憶測が飛び交っているが、有力なのは、5月に判明した、韓国による戦略物資の北朝鮮、イラン等への横流し発覚事件だろう。

北朝鮮やイランに核兵器の材料を横流しした韓国

韓国は、ミサイルの弾頭加工やウラン濃縮装置などに転用できる戦略物資を、国際社会の目を欺きつつ大量に違法輸出していた。大量破壊兵器(WMD)製造にも使える物資が、第三国を経由して北朝鮮やイランなどに持ち込まれた可能性も高い。2015年から今年3月までに韓国の国内業者が生産・違法輸出した戦略物資は156件もに上っている。

唖然。かかる行為をしておいて、あたかも西側陣営のような顔をしていられる神経がすごい。「東亜地域のバランサー」どころか、不安定要因、ほぼ元凶といってもいいのではないか。

こうして状況を受けて、日本政府も重い腰を上げた訳だが、「7月1日から約1カ月間、パブリックコメントを実施し、8月1日をめどに運用を始める。」とされているのが若干気になるところか。

今後の韓国との付き合い方

除外適用後は、個別の出荷ごとに国の輸出許可の取得を義務づけられるため、「事実上の禁輸措置」となるのではないかと見られている。

日本もようやく、旧宗主国のチャイナに倣って、「言ってダメなら叩いて躾ける」方針に転換したと思いたい。今後も、韓国が道理の通らないことをしたら、その非を悟るまで、常に制裁を科して締め付けるべきだろう。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 韓国ではなく、大韓民国。
    記事のなかで、実務上で
    こう表記されたのをみたことあったかな。

  2. 遺憾砲しか撃てないと思ってたら本気で怒ってるようだな

  3. 日本人はどうにも怒りの表現が下手だね
    というか結構怒っているんだが理解されない

    輸出管理を巡り不適切な事案って軍事転用可能な物資を韓国が迂回して北に渡したのかな

  4. 韓国人は日本人の言うことを半分しか受け取らないらしい
    「殺す」と言ったら「半殺しにされる」と思うんだろうな

  5. 信頼関係が損なわれたって言うか元々無かったのに誤魔化し続けてきただけだよな

    それを韓国が勝手に誤魔化しようがないくらいぶち壊してくれたんだから逆にありがたいわ

  6. まだ韓国に居る日本企業は散々時間あったのに何やってたんかね、中国並みのとんでも理論で資産差し押さえられても知らんぞ

  7. 優遇政策の取りやめでしかない。
    制裁と言えるレベルではない。まだ先がある。
    真に望むは、その先よ。朝鮮に地獄在れ、だ。

  8. 韓国は裏で民団、経済界、日韓議連に働きかけてるだろうな。
    俺が二階なら金次第で話しは聞くけどなw選挙で金掛かるし

  9. Hironobu SUZUKI氏のツイート
    『日本しか作れないのではなく日本製を買った方が安いので買っているだけ。日本が輸出しなくなったら、その空白マーケットに新しい参入者が現れるだけ。』
    『その原料の蛍石はどこから買うの?中国だよ。
    中国や韓国ではコスト高になるだけで今の世の中、出来ないわけじゃないんだよ。日本が安いってだけだよ。
    むしろ将来的に中国・韓国での生産を優先させて日本に蛍石を売らないという中国政府の政策決定をおそれた方がいいんじゃね?』

    って事のようですが、そうしますか!

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする