「日韓で徴用工の基金を作る」韓国政府が血迷っているのではなく、これで事態が打開できると信じている理由

日本

韓国による徴用工訴訟問題、またレーダー照射問題や”日王”謝罪要求問題などで、日韓首脳会談が完全に見送りの方針が明らかになったことで、韓国が焦ってとち狂っている。突如として、「日本・韓国企業の拠出金を通じた慰謝料支払い」案を日本に提案してきたのだ。

仲裁委を設置する期限を自分で無視しておいて、日本が全く折れずに「じゃ首脳会談も中止で」と淡々としているのに焦ったのだろう。もちろんこんな提案が受け入れられるはずもなく、日本からはわずか1時間で拒絶の連絡が行っている。

韓国提案「受けられぬ」=元徴用工問題で菅官房長官:時事ドットコム
菅義偉官房長官は20日の記者会見で、日韓企業の拠出金を韓国人元徴用工への慰謝料相当額の支払いに充てるとする韓国政府の提案について「国際法違反の状態を是正することにはならず、問題の解決策にならない。全く受けられない」と述べた。その上で韓国政府に対し、日韓請求権協定の義務に従って仲裁手続きに応じるよう求めた。

菅官房長官は記者会見で「国際法違反の状態を是正することにはならず、問題の解決策にならない。全く受けられない」と指摘。
河野外相も、自身のTwitterで「これは韓国の国際法違反の状態を是正することにはならず、この提案は受け入れられません」と同趣旨の発言をしている。
当たり前だ。徴用工に関する問題は、日韓基本条約ですべて解決済みだ。そもそもちゃんと賃金を支払った出稼ぎ労働者に、なぜ戦後に二重払いをしなくてはならないのか不可解だが、それでも日本は賠償金を支払った。時の韓国政府に。だから本来、後は韓国の国内問題だったはずが、こんな国際法違反をやらかすような国とはいかなる交渉も会談も無意味だ。

しかしそもそも、「日本企業と共同で慰謝料を」という申し出はすでに一蹴されているので、このタイミングでそれをまたぞろ言い出しても相手にされないことは分かっていたのではないか。おそらく、一応国内外に「対策は講じた」「努力はした」とアピールするポーズのためとも思われる。

その狙いはおそらく、国際社会に向けて「韓国が関係改善のために努力しているのに、日本は会談を無視するなんていう“外交欠礼”の暴挙に出ましたよおぉぉーっ!」と喧伝するためだろう。韓国人の世界観では、被害者は常に正しく、被害者であればあるほど、相手より道義的に優位に立てる、とされているからだ。だから、拒否されることが前提のこの提案が、韓国人は本気で事態の打開策だと思っているのだ。付き合いきれん。

しかも、韓国メディアは、日本が「韓国大統領とは会談はしない。会っても挨拶か立ち話程度」と明言しているのに、「略式で首脳会談が行われる見通し」等と妄想している。

主要20か国・地域首脳会議(G20サミット)時の韓日首脳会談開催の見通しが不透明なことから、外交部を通じて遅ればせながら提案したものだ。しかし、日本は1時間もたたないうちにこの提案を拒否した。このため、G20サミットでは韓日首脳会談は公式会談ではなく、略式または遭遇の形式で行われるとのことだ

表示できません - Yahoo!ニュース

「遭遇」ってそれ首脳会談と呼べるのか?出会って挨拶するだけだぞ……?

いや、危ないぞこれは……。挨拶しかしていないのに、「日本が首脳会談に応じた」と言い募るつもりじゃないのか。今や韓国は「手首切るブスのストーカー」と化しているので、何をしてきてもおかしくない。注意するに越したことはない。安倍総理、挨拶も辞めておこう。目を合わせたら負けだ!

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 検討しましたっていう韓国側の証拠残し

  2. 日本には用韓という考え方は1㍉もないのでこれでいい

  3. 韓日関係より南北関係にこだわりなさい

    日本はいっさい近寄らなくていいから

  4. 真綿で徐々に締め上げてる感がハンパないw
    全て自業自得だから今までの反日とウリナラファンタジーの清算して貰うかw

  5. 朝鮮は何が問題なのかわかってないんだな
    でかせぎ爺が嘘でごねてるのなんてどうでもよくて
    問題は朝鮮の条約破りだというのに

  6. 首脳会談とかトップ同士のさしの会談とか好きだよね。どうせ都合悪くなれば『国民情緒的に受け入れられない』とかほざいてきたのにな。
    全く保証の取れない国と約束ごとを交わす国なんて日本以外にはないんじゃね?
    韓国はここしばらく交わした約束を守るという姿勢を打ち出していかないとね。

    この責任は日本にあると思うの。だから今回はビシッと叩いておかないとな。

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする