日米首脳会談も大成功 イライラが募る野党と左派メディアは子供のような難癖に終始

アメリカ

安倍晋三首相とトランプ米大統領は27日、迎賓館で首脳会談に臨みましたが、この会談は2時間にも及びました。予定では1時間程度のはずでしたが、懸案事項について突っ込んだ話、活発な意見交換がされた結果、大幅に延びたということです。さらに両首脳はワーキングランチでも話し合い、その後は北朝鮮による拉致被害者の家族らとも面会し、共同記者会見を行ないました。

大成功に終わったトランプ大統領の訪日

共同会見では、日米同盟の揺るぎない絆、北朝鮮対応について日米が完全に一致した立場であること、貿易交渉は7月の選挙以降でウィンウィンの合意を目指すこと、などが盛り込まれました。

日中の観光コースでも、5回目となる両首脳のゴルフには、トランプ大統領の要望で青木功プロが参加したり、大相撲観戦では「米大統領杯」が用意されるなど、安倍首相の接待戦術が当たり、トランプ大統領も普段の外遊とは全く違う、リラックスした表情を浮かべていました。

夕食の居酒屋、同行した「チームトランプ」の面々の表情からも、リラックスしたいい雰囲気であることが見て取れますね。

View this post on Instagram

Team Trump dinner on night two in Japan!

A post shared by Sarah Huckabee Sanders (@sarah_h_sanders) on

私はいわゆる「親米」というスタンスではありませんが、現在の世界情勢を見て、日本にとって唯一の軍事同盟国であり、かつ世界一の軍隊を持つスーパーパワーである米国と、最も良好な関係を築くために、最大の努力を払わなくてはならないことは分かります。子供にだって分かる話でしょう。海を隔てて西の隣国が韓国なら、東の隣国はアメリカです。両国の首脳が個人レベルで友好と信頼関係を深め、それが国同士の関係と交渉にも良い結果をもたらすことを素直に喜びたいと思います。

イライラしっぱなしの野党の人たち

しかし、こんな子供でも分かる理屈がわからない人がいるんですよね。

何某民主党の辻元清美が、こんなことを言って安倍首相を口撃していました。

普通、国際会議とかでなく首脳が単独で海外を訪問した際、それなりに良好な関係を築いている国同士であれば、ホスト国の首脳が「ツアーガイド役」となってもてなすものなんですが、政権与党で閣僚経験もあるのに分からないんでしょうか? 分からないから政権崩壊したんですね。

朝日はこんな愚にもつかない口撃を。

あのね、首脳が二人でゴルフにいったら、ホスト国の首脳がカートを運転するものなの。安倍首相がアメリカに行った時はトランプ大統領が運転手になるの。OK?

毎日新聞に至っては、こんな記事で口撃を。

肝心のトランプ氏は観戦中も手をたたく姿は皆無で、腕を組む場面が目立った。異例の千秋楽の観客からは「トランプさんは何を考えたのだろう」という声も聞かれた。


トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も – 毎日新聞

捏造は毎日のお家芸とはいえ、これは酷い。NHKで相撲中継をご覧になっていた方ならおわかりかと思いますが、トランプ大統領、笑顔も拍手もしていましたよね? そうでなくても、相撲は本来はスポーツではなくて神事なわけで、神妙な顔をして観戦していて何がいけないというのでしょうか。最後に米大統領杯を渡す時の嬉しそうな顔を見れば、こんな批判は全く的はずれであることが分かります。

左派メディア、野党は何を考えてこんな口撃をするのか?

なんでこんな、「嘘でもいいから批判したい」「印象操作で失敗にもっていきたい」みたいなことになってしまうんでしょうか。

それはおそらく、彼らは日本が中韓に支配される形を理想形としているものだから、日本とアメリカの関係が良好であることが許せなくて、印象操作でもいいからとにかく腐して難癖をつけたいんでしょうね。

それにしても、「心ある国民がブーイングをすることを願う」なんて言ってた江川紹子はまだかわいい方で、Twitterで「Fuck you very much」なんて文言をリツイートしていた有田芳生に至っては、流石に党としても何らかの処分をしたほうがいいんじゃないですか?


(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする