中国は日米が育てたモンスター国家だ! 西太平洋の米軍優位性、既に喪失

アメリカ

米海軍関係者によれば、中国の急速な軍事力の増強により、すでに西太平洋の海上優勢(制海権)が失われているのではないか、と危惧されているという。

驚くには当たらないだろう。中国は20年前より、毎年莫大な金をも軍事費に注ぎ込み、経済成長率をさらに凌ぐ伸び率で軍拡に邁進してきた。

2019年の 国防予算は前年比7.5%増1兆1898億7600万元(約19兆8000億円)日本の防衛費の約3.8倍に達し、2000年(約1210億元)と比べると10倍近くに膨れ上がった。

かつて中国海軍幹部が、米海軍幹部に「太平洋を東西で分割支配しよう」などと持ちかけたこともあったが、いよいよそんな悪夢が現実味を帯びてきてしまった。

表示できません - Yahoo!ニュース

数さえ揃えればなんとかなるわけではないだろうが、莫大な軍事予算は、兵器、装備の質の押し上げにも一役買っている。また、中国の一般的な技術レベルの向上は、民生品にも現れている。最近では日本で手に入る「メイド・イン・チャイナ」のデジタルガジェットの意外な高性能に驚くことも少なくない。

中国は日米が育てたモンスターだ!

しかし、この中国の躍進は、彼らが自助努力によってひとりでに成し遂げたものではない。1979年より、日本から総額約3兆6500億円にものぼる対中ODAが支払われ、中国はその金をインフラ整備に向けると同時に、浮いた金を軍事予算につぎ込んだ。

金だけではなく、その技術もだ。「技術供与」の名のもとに、中国に進出した日本企業の技術を、中国は窃取しまくった。技術をすべて提供しないと進出を認めず、技術を窃取しつくした後は提携を解除して締め出すなどの悪質な手法を、国営企業が率先して行った。

日本のメーカー企業をリストラされたベテラン社員を、多額の報酬で迎え入れて技術を吸収したりもした。(これは日本企業にも責任がある)

アメリカの罪も大きい。第二次世界大戦前より、アメリカは日本を敵視すると同時に、なぜか中国には一貫して好意的で、日米開戦前から義勇軍の名目で航空戦力「フライングタイガース」を大陸に派遣して中国の味方をしてきた。

中国に融和的、友好的な態度は、近年のオバマ大統領まで続いたが、ここまで来てようやく中国の危険性に気づいたのがトランプ政権だ。ファーウェイの5G締め出し問題に端を発した貿易戦争は、互いに妥協点を失って抜き差しならぬところまで来ている。

中国に融和的、友好的な態度は、近年のオバマ大統領まで続いたが、ここまで来てようやく中国の危険性に気づいたのがトランプ政権だ。ファーウェイの5G締め出し問題に端を発した貿易戦争は、互いに妥協点を失って抜き差しならぬところまで来ている。

台湾を手に入れるためには戦争も辞さず

中国は、その軍事力を背景に、台湾に対する領土的野心を強めている。

中国国防相、米と対決姿勢「台湾分離なら戦う」
【シンガポール=森浩】中国の魏鳳和(ぎ・ほうわ)・国務委員兼国防相は2日、シンガポールでのアジア安全保障会議で講演し、台湾や南シナ海問題をめぐる米国の対応に「断…

これも、ここまで中国海軍か増大する前に、もっと打つ手はあったはずだ。

天安門事件後、中国最大のピンチを救ってしまった日本

世界各国が、中国の共産主義独裁、人権無視の弾圧体制と暴力的な国家体制に疑問を持つ機会もあった。それが世に言う天安門事件である。自国の民主化デモに銃口を向け、戦車で轢き殺して平然としている中国に、全世界が戦慄し、西側諸国は経済制裁を行なった。

この苦境に立たされた中国を救ってしまったのが日本だ。あろうことかあえての天皇陛下の中国訪問を実現し、世界に先駆けて巨額援助を再開した。あの時、日本が手を貸さずに崩壊させていれば、このように侵略国家として台頭することはなかった。

今こそ日米は協力し、中国を徹底的に抑え込まなければならない。台湾を独立国として国際社会に迎え入れ、東トルキスタンやチベット、ウイグルの独立運動を助けて、ソ連のように中国の共産主義支配体制が瓦解する日まで。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. なんでやたらと脅威を煽ってるんだろうね。軍事研究6月号でも「先島諸島は中国の弾道弾の射程圏内なので危なくて行動できない」みたいな論調だったが。

    ヤバイと言えば南シナ海の人工島。あれ、絶対にアメリカに早期奪取されて南シナ海の優勢がオセロのようにひっくり返ると思うんだが。

  2. シャレにならない事になりそう

  3. 太平洋2分割化wwwww

  4. すべて無能無策オバマのせい
    トランプはカスの尻拭いをよくやってるよ
    カスのせいで手遅れ気味だけどな

  5. 一国では到底太刀打ち出来ない事になるから、
    周辺国や地球の裏側の国の海上戦力を動員する事になるんだろうな

  6. あれ?軍事研究には正反対の事が書いてあったけど?

  7. そりゃそうだわな
    あの島の要塞化はかなり決定的

    延ばせば延ばすほど被害もデカくなりそうなのになんでいままでもこれからもスルーし続けるんだろ?

  8. じゃあ今回はアメちゃん本気で潰しに来てるかもねw

  9. これを後押ししてたのがアメリカ民主党と日本の政治家国会議員全員だろ

  10. ますます今のうちに潰せというアメリカ国内世論になるな、こりゃ

  11. じゃあここで全面戦争して潰すしかないね
    シンガポールはどっちにつくのか?

  12. 対中政策に乗り出すの遅すぎだったな

  13. 米海軍で賄いきれないなら日本が憲法改正して軍事大国になるしかないだろ。

  14. 日本は軍事大国にならない(なれない)
    アメリカは日本の非戦闘員の頭上に原爆を落としたことをしっかり自覚しているから、そしてその罪に怯えているので、絶対未来永劫日本に核は持たせない

  15. いいね 危機感を煽って軍拡しよう

  16. というか世論も政治もそうなってるよね
    有権者が危機感をもってる時代になった

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする