テコンドー道場がカンフー道場から袋だたきKO テコンドーの成り立ちを知れば納得

韓国

マンガみたいな、あまりに見事なKO写真なので、ちょっと面白くなってしまいました。

【動画】テコンドー師範が中国武術関係者から袋だたきに、韓国ネットが激しく反応
6日、環球網は、中国国内で発生したテコンドー道場と中国武術道場同士の乱闘でテコンドー道場側が打ちのめされたと伝えらえたことに対し、韓国ネットが反発していると報じた。

テコンドー師範が中国武術関係者に袋だたき、韓国ネットが激しく反応

記事は、江蘇省常熟市にある大型商業施設で2日、テコンドー道場と中国武術道場の関係者が広告ビラの配布をめぐって口論となり、乱闘に発展するトラブルが起きたと紹介。通報を受けて駆け付けた警察官により当事者15人が刑事拘留処分を受けたと伝えた。

https://www.recordchina.co.jp/b707713-s0-c30-d0135.html
Record China 2019/05/06 12:00

これだけ無様を晒しているのに、「警察官がすでに現場に駆け付けていたので、テコンドー道場は『被害』を強調するために床に倒れたに過ぎない」「これは攻撃を耐え忍ぶというテコンドーの精神の表れ。無知すぎる」という負け惜しみがまた奮っていますね。

いや、負け惜しみじゃなくて、韓国人の価値観では「被害者=勝ち、道徳的優位」というポジションを取れる、と本当に思っているから、これも本気なのかも知れない。

テコンドーの真実

日本人の中にも勘違いしている人が多いようなので改めて確認しておきますが、テコンドー=空手の劣化コピーですからね。

もともと、日韓併合時代に、日本で松濤館から手を学んだ韓国人らが、戦後に韓国で「大韓空手道協会」「大韓唐手道協会」など勝手に空手団体を作って、空手の普及に努めていました。

しかし、1954年、運命のときが訪れます。

崔泓熙という陸軍少将を含む部隊が、当時の大統領李承晩の前で演武を行ったところ、空手を知らない大統領はテッキョンと断定したままこれを賞賛、軍内での普及を奨励したからさあ大変。

崔泓熙は反日の立場を取る大統領に向かって日本の武道である空手とは言えず、またテッキョンとも似ても似つかないことから、とっさに「自らが創始した武道である」と口から出まかせを伝え、引っ込みがつかなくなって、後から「テコンドー」と命名した、というのが真相。

慰安婦問題しかり、旭日旗サル真似問題しかり、とっさにその場ででまかせを言って、それを本当にするためにあとから嘘を100回でも1000回でも言い募る。実に朝鮮民族らしい誕生秘話ですね。

その後、見栄えばかり気にする彼ららしく、派手な蹴り技、飛び技をメインにして「独自の発展」を遂げたのが現在のそれ。

韓国国技院副院長は、「テコンドーの起源を三国時代以前とすることが一般的だが、歴史的想像力を動員しても それには無理がある。中国から日本へ入り、日本が改良して韓国へ入ってきた。テコンドーは空手の変形である。私も創始期にはテコンドーの起源をテッキョンとして本を執筆したことがあるが、海外に普及させる過程で昔からあった韓国の伝統武術だとすれば名分が立つからである。」と告白している

テッキョン – Wikipedia

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. オリンピック種目から早いとこ削除してくれ

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする