私家版『教育勅語』エッセンシャル版 現代語訳

教育

例の、トンデモ教室の記事へのトラックバックが100を超えていますね

あんな人間の皮を被った獣を生み出さないために、人間社会に必要なのは適切な教育と、節度ある愛国心です。(今度の改正教育基本法で、どこまで実際の「改正」がされるものでしょうか。国政の半分をカルト教団に牛耳られているわが国としては…。

さて、そんな愛国心を養うのにうってつけのテキストがあります。それが教育勅語です。私もここに、教育勅語の復活を提言するものです。

というと、A新聞的な思想を持った人たちから、軍国主義の復活だ!とか見当ハズレな攻撃をされるものですが、そういう人たちは教育勅語が一体どんな内容か知っているんでしょうかね。

天皇陛下のために戦争で死ね」とか書いてあるとでも思っているんじゃないでしょうか。

本当はこちらから全文読んで唱和するのが一番なんですが、原文は文語体でちょっと長い(そこが格調高くていいんですが)ので、大変失礼ではありますが、文語体に馴染みのない現代人と青少年向けに、以下に私家版の現代語訳を作ってみました。

日本は、遠大な理想のもとに、私達の父祖が大変な苦労をして、道義国家として成立した。この見事な成果は、国民が代々、忠孝の徳をもって努力してきたおかげであり、教育の根本もここにある。

国民は、子は親孝行し、兄弟姉妹は力をあわせ、夫婦は仲良くし、友人は信じあうこと。
各個人は謙虚に、博愛の心を持ち、学問し、仕事に専念し、知識と人格を磨くこと。

その次には社会に貢献し、法律秩序を守り、国難においては一致団結して国の安全のために奉仕すること。
これらの行動は、国民として当然の務めであり、日本の伝統的美徳である。

こうした道徳は、今も昔も正しい道であり、身に付ければ外国に行っても人間として通用する。私も皆と共に、立派な日本人になれるようにがんばりたい。

うーん。まさに、非の打ち所のない道徳テキストです。私はいずれ、自分で組織を運営したり人を教育したりするようになったら、この完璧道徳テキストを持って育てるようにします

まずは学校教育の現場でも、こうして要約したものを、教育勅語と気付かれないようにそっと導入したりしてみてはどうかな…と思うのです。 こういうやり方はちょっと釈然としませんが。

(文・竹村 裕次)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

記者プロフィール

1975年 香川生まれ。
某大学経済学部卒。バックパッカーの日々を経て、現在はPR会社で日本を変える企画を練る日々。
思想は愛国保守。

【タイトル[こうもくてん]について】
広目天とは仏教四天王の1人で、古代インド神話では「千里眼を持つ者」。
広目天の如く、世界の出来事を漏らさずに見届け、この世の真実を書き留めるブログたらんことを理想としている。

竹村 裕次をフォローする