韓国、案の定GSOMIA破棄は「日本が悪い、日本が破棄しようとしていたから破棄した」 一方アメリカは韓国の嘘に激怒

アメリカ

韓国の青瓦台(大統領府)によると、韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めた背景には、同協定を延長した後、日本が協定を一方的に破棄する可能性があると判断したため、とのことだ。

韓国によると、ホワイト国から除外されたことを受けて、「(日本にとっても)非常に負担になる決定であるにもかかわらずホワイト国から韓国を除外するほど強気に出たのは、『韓国政府とは(共に)できない』と判断したとみなければならない」という判断が働き、「その後、日本が一方的にGSOMIAを破棄する可能性があった」として、「われわれが協定を延長し、日本がこれを破棄すれば、ばかを見ることになる」という結論に至ったそうな。

あまりにも支離滅裂である。あれほど「報復措置としてGSOMIAを破棄してやる」とばかりに息巻いていたのが、急にトーンが変わっていつもの「日本のせいだ」に変わった背景には、アメリカとの関係悪化が考えられる。

当初、アメリカは日米韓連携を円滑に行うために、日韓GSOMIAを更新するよう韓国に強く警告していた。それを韓国は無視して破棄を強行した挙げ句、国際社会に対して「(破棄に関して)アメリカの理解は得ている」と大嘘をついた。

これに対して、(当たり前だが)アメリカは激怒。ホワイトハウスは「文在寅政権に強い懸念と失望を表明する」と見解を明らかにしている。公式の場で「ROK(韓国の英名略称)」ではなくSouth Koreaと呼ぶのも極めて異例である。 米政府高官は「lie(ウソ)。事実ではない」と完全否定し、韓国の外交当局などに抗議している。

これを受けて、韓国は慌てて、「米国と協議し、コミュニケーションを取った」と表現を言い換えた。前日は「米国に理解を求め、米国は理解した」と言っていたにも関わらず、である。

日本では、小野寺元防衛大臣が、テレビ出演でこのように論評している。

小野寺五典「私がとても腹が立つのは、最初韓国側はGSOMIA破棄について『米国は理解してる』と言ったが、米国側が『失望してる』と言ったらさらっと言葉を変えたこと。普通、外交当局等が嘘を付くのはあり得ない。レーダー照射も言い逃れをしてるが、一事が万事。韓国側の今までの発表は信用出来ない」

日本も、国家レベルで平気で嘘をつく韓国に、これまで100年間振り回され続けてきた。かつてマッカーサーが朝鮮戦争で初めて日本の直面していた困難に気づいたように、ホワイトハウスも今更ながら韓国の嘘に驚いているのかも知れない。

日米は、反共防衛ラインを38度線から北緯34度(対馬)まで下げる覚悟と準備をすべきときかも知れない。平時のときでも嘘をつく「味方」が、戦乱時にはどのような嘘をついて裏切るか、知れたものではないからだ。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 日本が悪いニダ

    朝鮮人のセリフってこれしかないからなw

  2. コイツラホント馬鹿だな。
    これで国家だという。

  3. 共通の価値観のない国と、改めて実感

  4. 破棄したのは失敗なのに気付いたんだww
    一度廃棄と言った限り信用は無くなったんだよ 元には戻れんよ

  5. もう何を言っているんだか、何を言いたいのか全く分からんなwww
    言っている本人も分かっていない気がするwww

  6. だとしたら
    今頃アメリカに叱られていたのは韓国じゃなくて日本だったのに…
    失敗したねwww

  7. 小学生なみの言い訳を政府が発表して
    それを誰もおかしいと思わない国、それが韓国

  8. 自分の食えない飯なら灰でも入れてやる

    ↑朝鮮のことわざ
    民族性がよく現れてるね

  9. いやもう韓国の発言や行動の理由をコメントするのは無駄だ
    キチガイとは関わるな

  10. 何と戦ってるんだ?w

  11. 凄い言い訳だな…。

    この理由を立てるのであれば、今後は全ての取り決めはしないと言ってるのに等しいのでは?

  12. どのような勝利の道を描いているのかすら想像できない
    完全孤立でどうでもよくなったのか

  13. 日本とアメリカはそろって延長を要請してたのに(アメリカにいたっては警告)、
    屈折の度合いが常識はずれだわ、900度くらいw

    っつ~か、(アメリカが本気で怒ったんで)責任逃れをはじめた、ってもろバレだろwwww

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする