韓国、日韓 軍事情報協定GSOMIAの破棄を発表!しかしカードのつもりらしく「謝るなら今のうち…」

韓国

愚かな国だとは思っていたが、ここまで愚かだったとは…。これが良識的日本人の偽らざる声だろう。

南鮮大統領府は22日、国家安全保障会議を開き、日韓の軍事情報包括保護協定GSOMIA(ジーソミア)の延長の可否を議論し、協定を終了させると決めた。協定の有効期限は1年で、2016年の締結以来、毎年自動延長されてきた。

理由は「日本がホワイト国外しをしたから」!?

南鮮側は協定終了の理由として、今月2日に日本政府が輸出優遇国「ホワイト国」のリストから南鮮を外す決定したことをあげ、「両国間の安保協力環境に重大な変化をもたらした。このような状況で協定を続けることは、南鮮の国益に合致しないと判断した」と述べた。

そもそもホワイト国外しは純粋な安全保障と日本国内の規定の問題だが、南鮮はこれを自称徴用工問題に対する「経済報復」だと信じて疑わない。そして今回も、GSOMIAの破棄をそのまた報復として発表するなど、何もかも、まるで彼らの食習慣のようにグッチャグチャに混ぜてしまっている。

GSOMIA破棄で困るのは南鮮

GSOMIAは日韓が防衛に関する秘密情報を共有するルールを定めたものだが、実質的には、日米間の情報連携の土台として機能していた。日米同盟、米韓同盟があっても、日韓同盟はないのだ。また、北朝鮮からのミサイル発射に対して、貧弱な情報収集体制しかない南鮮は、日本の衛生写真情報が頼みの綱だったが、それもこのGSOMIA破棄で失う。

要するに、南鮮はこの「GSOMIA破棄」を日本に対する揺さぶりのカードとして使い、瀬戸際外交をしかけていたつもりだったのだが、なんのことはない、損をするのは自分達だけだったということだ。

おそらく、今年前半に「日本がこのまま交渉に応じなければ、GSOMIA破棄もありうる」等と言っていたときには、この強硬カードを切れば日本が折れてくるだろう、といった甘い見通しがあったのではないだろうか。しかし日本はこれを完全にスルー。まともな思考力と国際常識があれば、そんな自爆行為をするはずがなく、ただの脅しだろうと思っていたからだ。

しかし、一向に折れない日本に業を煮やしたか、振り上げた拳のおろし場所を失ってしまったか、南鮮は実際に「破棄」と閣議決定してしまった。

「謝るなら今のうち」

そのくせ、南鮮政府関係者からは、「日本が輸出規制措置を撤回したならばGSOMIAの再開を検討しても良い」というような発言まで出てきているという。GSOMIAの更新通知期限は、24日。あと2日あるので、この間に日本が折れて譲歩してくるかも知れない、と、南鮮はこの期に及んで「瀬戸際外交」を仕掛けてきているつもりなのだろうか。付き合いきれん。日本側のある政府関係者は「もう頭がついていけない」と吐露したとも聞く。つくづく、馬鹿と気違いの相手をするのは大変である…。

明日はドル市場がどこまで暴落するかが見ものだ。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 馬鹿すぎwww日本何も困らんのにw
    アメリカから制裁くらうだけやのにwwwほんと馬鹿w

  2. ムンすげえぜ
    普通は出来ない事をやってのける

  3. 思い切ったなー
    北と運命共にするか

  4. 嘘でしょ?!
    いくらなんでもそこまで馬鹿だと思ってなかった
    反省するわ

  5. 晴れてレッドチームへ!
    いや、テロ支援国家へ!

  6. 1人でやってるチキンレースで崖から飛び降りおったwwwwww

  7. 万歳!万歳
    これで衛星のタダ乗りはされなくなる
    GPSもひまわりも遮断しちゃえ

  8. 何故ムンは毎回素人でも分かる地雷を確実に踏んでくるのか

  9. やっぱり文だな
    歴代最高の南鮮大統領じゃないか
    最悪のタイミングで最悪の決断をする民族のトップは伊達じゃないなwww

  10. こいつらマジで馬鹿じゃね?
    もう仲良くしましょって和解絶対出来ないじゃん。テレビもゴリ推し見直せ

  11. やったな。。
    素晴らしい。

    ここまで国益を考えないDQNな大統領がいるとは前代未聞。

    いやいや、よく決断してくれた。

    本当に素晴らしい。

  12. リスカブスが手首を切り落とした

  13. マジでやりやがったwww
    流石最悪のタイミングで最悪の選択する民族
    ウォンドルと明日の株式が楽しみだ

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする