香港の「民主の女神」周庭氏、国家安全維持法違反で逮捕 終身刑もありうる

支那

8月10日、2014年の大規模民主化デモ「雨傘運動」を率いた学生団体の元幹部で、民主派活動家の周庭(アグネス・チョウ、23)氏と中国に批判的な香港紙「蘋果(ひんか)日報」の創業者、黎智英(ジミー・ライ)氏(71)が香港国家安全維持法(国家安全法)で逮捕された。

国際社会に香港民主派への支持を呼びかけ、「民主の女神」と呼ばれた周氏の逮捕は、国家安全法施行直後の先月6日に続いて二度目だが、前回の逮捕は既存法による「抗議活動で警察本部を包囲するようデモ隊を扇動した罪と、違法な集会に参加した罪」。そして今回の逮捕が、国家安全法違反によるものということだ。

香港の「民主の女神」周庭逮捕、早々に有罪判決の恐怖 日本の「非難決議」と日米豪防衛相共同声明でかろうじて面目を保った日本
香港で「国家安全維持法」が成立して10日あまりが経った。香港には人民警察がなだれ込み、民主化運動のデモ隊は次々と逮捕されていった。法案成立の30日、身の危険を危惧していち早く政治団体を脱退していた民主活動家・周庭氏も逮捕され、6日、公判...

国際社会がどれだけ反発しても香港には容赦しない!

つまりこれこそ、完全に遡及効(法律の成立以前に遡って罰する)であり、近代法の精神に真っ向から逆らう蛮行と言える。チャイナはなりふり構わず、香港を恐怖政治で完全に抑え込もうとしているようだ。国家安全法に照らすと、無期刑もありうる。

香港情勢に詳しいジャーナリストの高口康太氏は、次のように語る。 「周庭氏の逮捕は、中国政府が『どれだけ国際社会が反発しても香港には容赦しない』と、腹をくくった上での暴走です。国際的に発信力のあった彼女を逮捕することで、手段を選ばず、とにかく民主運動を潰す、という姿勢を示したかったのでしょう」(文春)

「香港デモの実態を知る香港当局からは、その中心人物ではない周庭さんを逮捕するという発想は出てこないでしょう。にもかかわらず彼女が捕まるということは、いわば中国側の、『目立った奴はとにかく捕まえろ』という理屈で動いているのです」

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

現地では決して民主化運動の中心人物ではなかった周庭氏がここまで目立つ存在となったのは、「美人○○」「美しすぎる○○」といった煽り文句の好きな日本のメディアが、大々的に取材し、ドキュメンタリーまで作って祭り上げたためだ。「民主の女神」というキャッチフレーズも、日本のメディア発だという。一人の女性の運命を左右することになった日本のメディアには、いくばくかの責任があるだろう。せめて今後も注目を続け、彼女が闇から闇へと葬り去られることのないよう、光を当て続けてもらいたい。

保釈されるも…

11日になって、周庭氏の保釈手続きが進んでいるという情報が入ってきた。

香港、民主活動家の周庭氏を保釈 香港紙創業者も
【香港=木原雄士】香港警察は11日夜、10日に香港国家安全維持法違反の容疑で逮捕した民主活動家の周庭(アグネス・チョウ)氏を保釈した。12日午前0時すぎには香港紙創業者の黎智英(ジミー・ライ)氏も保釈した。両氏は外国勢力と結託して国家安全に危害を加えた疑いをもたれていた。周氏は保釈後、記者団に「なぜ逮捕されたか分からな...

しかし保釈はあくまで保釈であって、無罪放免ではない。パスポートも押収されており、国外亡命も難しいだろう。今後も当局の監視下に置かれ、これまでのような「民主化運動」を展開することはできまい。

保釈後に待つ運命は、起訴だ。起訴後の公判で審理を担当する裁判官は、政府トップの行政長官が指名した判事グループから選ばれ、中共の恣意的な人民裁判がおこなわれる。「目立ちすぎた活動家」をチャイナ当局がどう扱うか。全ては中共のさじ加減ひとつというわけだ。

国安法の最高刑は終身刑である。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. あれ、このまえ有罪を食らってなかった?
    とっくに本国に送還されて、オズ様みたいな中共幹部に話が分かるぅ♪されているものと思っていたが

  2. 香港は裁判所がイギリスに乗っ取られたままだからすぐ釈放される

  3. 前のは従来の法に基づいた起訴
    今度は新法

  4. 遡り逮捕とかマジかよ

  5. いやもうこれ死刑だろうな
    もしくは脳に電流流す拷問か
    はたまた奴隷のような生活で廃人にされるか

  6. 施行猶予付き死刑あたりで

  7. 蓮舫さんも一言でも、同じ民主を掲げる党の広告塔として、この女性の方の逮捕について
    コメントすべきでしょうね。これは。もう内政干渉じゃないよね。

    安倍総理の広島での記者会見について言いたいことツイッターでつぶやいていたんだから、

  8. 結社も集会も宗教も思想も
    何一つ反体制な存在は認めないのだから
    仕方ないでしょ
    中国に産まれた不幸を呪うしかない

  9. 自民党はちゃんと批判声明出してるね
    共産党も中国共産党の横暴には反対してる
    じゃあ、立憲民主党と国民民主党は?社民党は?
    黙ってたら弾圧を容認したことになるよ

  10. 保釈ってことらしいがどちらにしても世界の中共のイメージは最悪になったぞ。
    五毛も日本でこれだけ暴れた。
    もう中共に理解を示す奴はクソサヨクくらいのもんだ。

  11. 内政干渉になるから何もできない。
    せいぜい中国製品不買ぐらいか

  12. 事情聴取のみで即刻釈放すべき
    これは中国共産党にとって
    致命的なデモ活動を巻き起こす可能性がある
    習近平はチャウシェスクのように市民に裁かれる可能性が出てきた

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする
タイトルとURLをコピーしました