欲のために国を売る男、北朝鮮の走狗 山崎拓

開いた口がふさがらないとはこのこと、一体あのいかさまカルト教団国には、人間としての常識など通じないのでしょうか。

北朝鮮「おいしいマツタケ…互いに困るでしょ」と山崎氏に

■日本による経済制裁解除を要求

北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使が9日からの自民党の山崎拓前副総裁との一連の会談で

「ハマグリやマツタケが売れなくて困っている」 「日本の経済制裁は効いていない」 「日本人はおいしいハマグリや マツタケが食べられなくなってかわいそうだ」

さらに、貨客船「万景峰(マンギョンボン)92」など北朝鮮国籍船舶の日本への入港禁止措置をめぐっても

「日本と往来したくてもできなくなった人がい る。拉致よりひどい人道上の問題が起こっている」 「人道上の問題はすぐに取り除かないといけない」

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/34964/

「マツタケが欲しかったら制裁解除せよ」ですか? いくら日本の道徳や品性が史上最低レベルまで低下したとしても、食い意地のために国家を売り渡すような下劣な人間はそう多くないと思います。人はハマグリのみにて生くるものではありません。

そして次の言葉には、怒りを通り越して呆れ、を通り越して笑い、…をさらに通り越して怒りましたよ。

「拉致よりひどい人道上の問題が起こっている」
「拉致よりひどい人道上の問題が起こっている」
「拉致よりひどい人道上の問題が起こっている」

クリリンのことかーーーッ!

…拉致よりひどい人道上の問題って、私にはホロコーストや原爆、韓国のベトナム大虐殺や中共の通州虐殺、はたまたロシアの大粛清や現在進行形の中共支那によるチベット侵略くらいしか思いつかないのですがどうでしょうか。 たかが貨物船の通行禁止で?

そして、こんな侮辱を受けるためにノコノコ北朝鮮まで言って、非難を浴びて、マツタケをご馳走になって帰ってくるこの男は一体何のために政界で生きているのでしょうか。 この男は、未だに自分が党総裁になったり総理大臣になったりする日のことを夢想していると聞きます。まさか、小泉電撃訪朝のように、喝采を持って迎えられるとか思っていたんじゃあるまいな…。まさに私利私欲のみで動く男、山拓。

賢良なる読者諸兄は、この山拓という変態議員が北朝鮮の走狗であることをお忘れではありますまい。

議員失格山拓は北朝鮮のエージェント-

山拓のヘンタイ伝説-

せめて彼が議員辞職をしてお遍路にでも出かけるまで、この伝説は永久に記憶されなければなりません。

マツタケのために国を売る、日本にはいないと思われたこの種の売国奴が、まさか政治家として国を代表しているとは。世も末です。

(文・竹村 裕次)

↓応援の一票を!クリックお願いします!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 自民党には「日本と中国が戦争になったら、私は断固中国に味方する!」とおっしゃられる池○センセイに、選挙協力という餌で意のままに操られている首相もいますしね。彼らは本当は、日本人ではないのではないでしょうか?

  2. 首相には、その著作を読んだときは期待感がもてたのですけどねえ…。反日カルトが国政に食い込むほどの勢力を持つに至ったこの国の未来は、前途多難といわざるを得ませんね。

記者プロフィール

1975年 香川生まれ。
某大学経済学部卒。バックパッカーの日々を経て、現在はPR会社で日本を変える企画を練る日々。
思想は愛国保守。

【タイトル[こうもくてん]について】
広目天とは仏教四天王の1人で、古代インド神話では「千里眼を持つ者」。
広目天の如く、世界の出来事を漏らさずに見届け、この世の真実を書き留めるブログたらんことを理想としている。

竹村 裕次をフォローする