菅官房長官の「懸念」表明に中国は「内政干渉するな」と反発 それなら日本にも考えがある

支那

香港では6月に国家安全維持法が施行されて以降、民主派活動形の逮捕が相次いでいる。8月10日には「民主の女神」周庭氏や民主派のメディアグループ創業者、黎智英氏(71)らが逮捕された。

菅義偉官房長官は11日の記者会見で、これら相次ぐ民主派の逮捕について、次のように懸念を表明した。

「状況は承知しており、香港情勢について引き続き重大な懸念を有している。今後とも関係国と連携し、適切に対応していきたい」
「香港は緊密な経済関係と人的交流を有する極めて重要なパートナーであり、1国2制度のもとに自由で開かれた体制が維持され、民主的、安定的な発展をしていくことが重要との(日本の)立場は一貫している。」

また、こうした日本の立場や考え方は、チャイナ側には外相の電話協議を含む、さまざまな機会に伝達していることを明らかにした。

「内政干渉するな」

これに対して、まったく余裕のないヒステリックな反応を見せているのがチャイナだ。

チャイナ外務省の趙立堅副報道局長は同日の記者会見で、香港での民主派取り締まりに我が国の菅義偉官房長官が「重大な懸念」を表明したことについて、「日本は現実を見極めて立場を正し、中国の内政に干渉することをやめるよう促す」と反発した。

趙氏は「われわれは香港の法執行機関が法律に基づき職責を果たすことを支持する。法律に触れることをしなければ、誰も心配する必要はない」と正当化した。

こうした人権弾圧、人道に対する罪に対する働きかけについては、内政干渉には当たらない、というのが現代の国際社会の考え方だ。中共こそ、現実を直視して立場を正すべきだろう。

日本ほど内政干渉され続けている国はない

それにしても、たかだが官房長官が「懸念を表明」しただけで内政干渉だとは。面白い。それなら、チャイナと朝日新聞らによる「靖国神社批判」こそ、どこからどう見ても立派な内政干渉である。

明日辺り、菅官房長官は靖国神社に参拝するといい。例大祭には安倍総理が参拝するといいだろう。(もしかすると、安倍総理も8月15日に電撃参拝する準備を進めていたり、はしないだろうか。)それでチャイナが何か言ってきたら、「日本の内政に鑑賞することをやめるよう促す」と言えばいい。

ついでに歴史教科書に対する近隣諸国条項も撤廃しよう。いや、これは日本側が勝手に設けた自己規制なのだった…。

(文・櫻木)

↓応援の一票を!

政治ランキング

コメント、ネットの反応

  1. 先の大戦終了後に共産党に乗っ取られた満州国を返してもらいましょう。

  2. こんなことが世界中で「普通のこと」になったらこの世は闇よ

  3. 尖閣は日本の領土 内政干渉するな

  4. 何が懸念だかな
    国賓やめる気ないくせに
    そもそも国賓やろうとしたのは香港デモが起きてマイナスイメージが高まった中共救うためじゃん
    自民は支那の売国豚

  5. 共産党っていつでもどこでも自国民を徹底的に締め上げる
    もうこれ美しき伝統だろ

  6. これからは靖国神社で参拝のついでに会見してもよさそうですな

  7. 悪事を指摘すると内政干渉の返し
    ほんと疲れる輩だな、中韓の大陸土人共

  8. コロナ完全終息するまで中共に発言件はないよ

  9. 親中メディアはチベット、ウイグル、香港などに感心など持っていない
    仕方がないから表面的な記事を書くだけ
    人権も自由もどうでもいいと思っている
    災害や経済破綻、社会混乱を喜んで体制が壊れることだけガキのように待望している

    それが日本の左翼の実態だ

  10. 今後も考えると香港だけじゃ済まなそうだから、
    内政干渉とか他人事気分でもいられん

  11. 事後法で、立法以前の行為を遡及して逮捕だもんなあ。
    そりゃマトモな立法国家なら重大な懸念表明して当然だろ。

    というか、中国は立法国家では無いと宣言したに等しい事例なんだが。
    自覚ないんだろうな。

  12. さあ、靖国参拝に中国は内政干渉しないのかな

  13. 知らんがな これだけバリケードに包んでる
    日本にだけは強気に出れるんだな
    中共お笑い外交部

  14. 一国二制度っていう国際条約を破った事が発端となってる事案だから問題なし
    国と国との取り決めより国内の法律()を優先するのは中国と韓国のお得意技だね

  15. うん。内政干渉だな
    総理は靖国神社の参拝よろしく

  16. 内政干渉と言うなら尖閣などに入ってくるおたく様は、何様でしょうか
    仮に周さんを殺す様な事あれば、私は、貴国を許しません
    いや 今でも貴国を許しませんので

記者プロフィール

櫻木

在野のコラムニスト。1975年生まれ。大東亜戦争の戦地の取材をライフワークとしており、台湾やインドネシアとの親交が深い。

櫻木をフォローする
タイトルとURLをコピーしました