レーダー照射問題

日本

日韓非公式会談は岩屋毅防衛大臣の独断だったことが判明 「私が会談を判断した」「笑顔で握手が不注意との認識は全くない」

日韓の間には韓国の歴史事実誤認に基づく複数の言いがかり問題…自称慰安婦(戦地娼婦)問題、自称徴用工(外地労働者)問題が横たわり、軍事関連では火器管制レーダー照射問題が未解決となっている状態で、先日、韓国のチョン国防部長官との非公式会談に臨ん...
4
日本

日韓レーダー照射問題を棚上げの岩屋防衛相に自民党内でも批判の声 「怒り禁じ得ない。選挙にも関わる」

件の岩屋防衛省による「腰砕け非公式会談」について、自民党内からも批判の声が上がっている。 岩屋防衛省は、韓国軍部と非公式会談の場をセッティングしたばかりか、韓国軍による火器管制レーダーの照射を不問にし「日本の威嚇飛行のせいだ」とする韓国の...
14
韓国

岩屋大臣の「ほほえみ外交」で韓国が勝者の態度に「威嚇飛行の非を認めない日本 せめて遺憾の意くらいないのか」

多くの人たちが懸念したとおりになっている。岩屋防衛相の「ほほえみ外交」で完全に勘違いした韓国が、「日本から謝罪がなかったのがおかしい」「非を認めない日本」等と言い出している。これは国内向けに嘘を嘘とわかっていて報道しているのか、それとも報道...
10